中国・汝窯

汝窯青磁 菊弁紋碟 – Celadon plate

中国・汝窯

汝窯青磁 菊弁紋碟 – Celadon plate

中国(China)

11世紀(11th century)

日本読みでは「じょようせいじ きくべんもんせつ」といいます。
碟とはお皿のことを指します。

汝窯とは宋代の青磁の名窯の一つで、北宋宮廷の御用窯(官窯)でもありました。
多くの青磁の至宝が生み出されております。
汝窯の特徴として底部に支釘痕というものがあり、これは焼成時に変形を防ぐ目的や釉薬を行き渡らせるために付けられています。
この陶磁器にも3つの支釘痕がございます。

菊弁紋というのはお皿の縁の形状のことで、その名の通り菊のように細かな花びらのような形状になっています。
菊弁紋のような細かな花びらは偶数で作られることが一般的ですが、奇数でできており珍しい品です。
奇数というのは対象に作ることができず難しいとされており、この31枚の花びらは皇帝が所持していたものと同様でございます。

汝窯の青磁の特徴である青みの強い青磁釉がとても美しいです。

The thou kiln is one of the famous celadon kilns of the Song dynasty, and was also the kiln used by the Northern Song Dynasty.
A characteristic of your kiln is the mark of support on the bottom, which is attached for the purpose of preventing deformation during firing and for spreading glaze.
This pottery also has three marks.

It is shaped like a fine petal like a chrysanthemum.
The petals are generally made of even numbers, but they are made of odd numbers and are rare.
Odd numbers are said to be difficult to make for the target, and these 31 petals are similar to those possessed by the emperor.

The celadon glaze with a strong bluish tint is very beautiful.

名称 汝窯青磁 菊弁紋碟
時代 中国・宋時代(960〜1279年)
中国
寸法 高2.5cm、口径12.5cm
分類 陶磁器
釉薬 青磁釉薬
所有者 WD Collection
管理番号 000016
Title Celadon plate with chrysanthemum
Period Song dynasty (960–1279)
Culture China
Dimensions H. 1 in. ; Diam. 4 15/16 in.
Classification Ceramics
Glaze Celadon
owner WD Collection
 Number 000016

関連コラム

汝窯について詳しくはこちらのページがおすすめです

TOP
CONTACT Instagram