骨董品陶磁器のオンライン鑑定サービス

写真と寸法で簡便に鑑定。料金は3,000円〜と低価格

陶磁オンライン美術館では古美術陶磁器(骨董品)のオンラインでの鑑定するサービスを行っております。
写真とサイズ、重量をお送りいただくだけで、簡単にお持ちの陶磁器の鑑定を行えます。
名称、生産国、窯や地域、時代(世紀)、釉薬など豊富に鑑定が可能です。

・所有している骨董品が何なのか知りたい
・所有しているものが本物かどうか真贋の鑑定がしたい
・鑑定師に持ち込みたいが怖く、ハードルが高く気軽に鑑定がしたい
・骨董品の陶磁器の名称をつけて欲しい
・周りに骨董品の愛好家がいないので骨董品の知識に困っている
・遺品として受け継いだが陶磁器が何かわからず困っている
・売るつもりはないから査定ではなく鑑定をしてもらいたい

利用方法と流れ

鑑定サービスの利用の3ステップ

鑑定サービスは当オンライン美術館の公式ネットショップの燦禾にて提供をしております。
サービスのご購入後、鑑定専用のメールフォームに陶磁器のサイズと写真をお送りください。
お客様からの情報が到着後、鑑定作業に入らせていただきます。
鑑定結果は3〜5営業日程でメールにてご返信いたします。

STEP 1

サービス申し込み

こちらのサービス購入ページよりご注文ください。

STEP 2

情報と写真を送信

購入メールに記載の鑑定専用フォームにお客様情報、陶磁器情報、陶磁器の写真を添付し送信。
情報と写真撮影のコツ
※写真は全体、俯瞰、底、釉薬(絵付け)、胎土など5〜10枚程度ご用意ください。
※陶磁器の測り方と写真の撮り方についてはこちら

STEP 3

鑑定結果のご報告

情報をもとに鑑定には当美術館が収集したデータや資料などを使用ししっかりと鑑定いたします。
3〜5営業日以内にメールアドレス宛鑑定結果が届きます。

※鑑定期間については混雑具合により長くなる場合もございます。サービス販売ページよりご確認ください。

当サービスの鑑定の強み

写真で陶磁器を見る専門家

陶磁器の写真撮影の専門家でもあり、年間約300点・8000枚程度を撮影。
そのため、陶磁器を写真撮影した場合の写り方を熟知しており写真での陶磁器の見方を知っております。
実物を見て鑑定をすること難しい方へも、オンラインで高い精度で鑑定が可能です。

蓄積したデータを参照

陶磁オンライン美術館、骨董店「燦禾」、また関連の骨董品研究者により、詳細のサイズや重量などのデータを蓄積しております。オンラインによる実物を見ない鑑定だからこそ数字のデータも大切にいたします。

時間をかけて鑑定

オンラインの強みを活かし、腰を据え鑑定を行うことができます。
写真や数字データだけでなく、古陶磁の文献や資料の参照、類似の所有している古陶磁との比較を行いオンラインながらしっかりと鑑定ができます。

■「査定」と「鑑定」の違い
査定は買取価格が明らかにするものであり、ほとんどは陶磁器の詳細までは教えてくれません。
また、売却をすることを前提とし、売るつもりはない鑑定のみで利用することは失礼にあたります。
鑑定では陶磁器が国や窯、時代などまで詳細に知ることができます。

鑑定の対応範囲

鑑定に関しては下記のものに関して行います。

  • 古美術品の陶磁器(7世紀〜19世紀頃)
  • 国 中国、日本、朝鮮半島、タイを中心とした東洋の国

鑑定価格と鑑定内容

鑑定については現在3,000円と5,000円の2つのコースにてご提供させていただきます。
※鑑定価格まで含むサービスは現在準備中です。

鑑定内容

名称

陶磁器の形状や窯、釉薬や模様から陶磁器の名称をお付けします。

生産国

生産国について特定をさせていただきます。

窯もしくは何焼か

龍泉窯、汝窯、景徳鎮や美濃焼、伊万里焼といった窯や地域などを鑑定します。
窯は大まかな窯であり、細分化した細かい窯までは鑑定はできません。
例えば中国の南宋官窯における修内司窯のような特定は難しくなります。
※広域にわたって同種のものを製造している、朝鮮半島などの一部の地域は窯の鑑定ができないものもございます。

釉薬や絵付け

釉薬の種類や、絵付けであればどいうった顔料を用いたものかを鑑定いたします。
※鉄釉、胴釉、白磁といった釉薬の区分を鑑定するもので、細かな成分までの鑑定はできません。

時代

それぞれの国の何時代のものなのか、判別可能なものに関しては初期、中期、末期まで鑑定いたします。
※中国における宋代など、日本における室町時代など、朝鮮半島における高麗時代などの括りです。

世紀

時代と合わせておおよその世紀を鑑定いたします。

模倣品判定

上記に当たらない近代において模倣された品の場合は模倣品として鑑定いたします。

参考美術品

鑑定の際に参考となった類似の美術品(美術館所蔵の品など)をお伝えします。
※こちらについては必ずお出しできるものではございません

デジタル鑑定証

鑑定証サンプル
鑑定結果を鑑定の写真と共にデジタル画像データの鑑定証を作成するサービスです。
鑑定証には陶磁オンライン美術館の名前が入ります。

よくある質問と答え

サービスをご利用にあたってのよくある質問にお答えいたします。

Q1.写真での鑑定ですが、実物を見る鑑定に比べて精度はどうですか?

A1 .実物とを見るものに比べると鑑定の精度は幾分かは落ちます。
しかしながら、当美術館は陶磁器の写真を撮影する専門家でもあり、写真で陶磁器を見ることに長けております。
また、その場で鑑定をするわけでないため、しっかりと時間をかけて資料と照らし合わせることができます。

Q2.どの骨董品を鑑定してもらえますか?

A2 .骨董品のうち陶磁器を専門としております。
時代は8世紀〜19世紀が対象となります。
また、国は日本、中国、朝鮮半島、タイ、インドを中心とした東洋陶磁に限ります。
ヨーロッパの磁器については鑑定対象外となります。

Q3.鑑定ができない場合はございますか?

A3 .鑑定ができないものは「鑑定不可能」という鑑定結果になります。
これも立派な鑑定結果の一つとなります。
この場合につきましての返金はできかねますが、次回以降一点無料で鑑定をさせていただきます。

Q4.購入した店舗と鑑定の結果が違いました

A4 .鑑定結果は鑑定する人により結果が違うことはありえます。
どの鑑定を参考にするかは所有者次第になります。

Q5.鑑定価格はわかりますか

A5 .鑑定価格を含むサービスは現在準備中です。

TOP
HOME CONTACT Instagram SHOP