中国・官窯

南宋官窯 弦紋蒜頭瓶 – Celadon Bottle bamboo

中国・官窯

南宋官窯 弦紋蒜頭瓶 – Celadon Bottle bamboo

中国(China)

11世紀(11th century)

げんもんさんとうへいと読みます。
蒜という漢字はにんにくの意味をもち、頭部が似ていることからそう呼ばれています。
全体に弦のような模様が多くつけれており、このような模様を弦紋と呼びます。
南宋官窯にて焼かれた青磁瓶で、底には官窯の一つである「修内司(しゅうないし)」の落款が証として刻印されています。
修内司は中国浙江省杭州にあった南宋時代の官窯の一つであり、新都が杭州に移った際に宮廷内に設けられた窯で青磁瓶を生産しています。
中国の青磁で最高とされていて、青緑色の青磁釉の色合いと、精巧な美しい作風が特徴です。

本作品も血管のように深い色の貫入の入った青磁釉に、均等かつ真っ直ぐ引かれた弦紋がとても美しいです。
高台は高めにできており、均等に2ヶ所穴が設けられています。
この穴は持ち運びの際に紐を通して身体にぶら下げるものであったと考えられます。

The head is like garlic, and there are many strings-like patterns on the whole.
It is a celadon bottle baked in the Southern Song Dynasty Government Kiln.
This pottery has the “Xiu-nei-si-yao” seal of the official kiln on the bottom.
It is a government kiln of the Southern Song Dynasty in Hangzhou, Zhejiang Province, China, and was set up in the court when the new capital moved to Hangzhou.
It is considered to be the best in Chinese celadon, and is characterized by the shade of blue-green celadon glaze and the elaborate and beautiful style.

This work also has a beautiful intrusive celadon glaze, and the even and straight drawn string pattern is very beautiful.
The bottom is raised and has two holes evenly.
This hole is for carrying through a string.

 

名称 南宋官窯 弦紋蒜頭瓶
時代 中国・宋時代(960〜1279年)
中国
寸法 高18cm、胴径10cm
分類 陶磁器
釉薬 青磁
所有者 WD Collection
管理番号 000026
Title Celadon Bottle with bamboo shoot
Period Song dynasty (960–1279)
Culture China
Dimensions H. 7 1/16 in. ; Diam. 3 15/16 in.
Classification Ceramics
Glaze Celadon
owner WD Collection
Number 000026

関連コラム

官窯について詳しくはこちらのページがおすすめです

TOP
CONTACT Instagram