中国・耀州窯

耀州窯 青磁蓮形線香立て – Incense stick stand

中国・耀州窯

耀州窯 青磁蓮形線香立て – Incense stick stand

中国(China)

11世紀(11th century)

耀州窯の青磁でできた線香立てです。
はすの葉の形状をしており、中央に線香を立てるための穴が空いています。このような形状の線香立てや貴族が主に利用していたもの考えられます。

耀州窯は中国陝西省銅川市黄堡鎮にある華北を代表する青磁窯です。
やや酸化炎成気味に焼き上がっており、そのためオリーブグリーンの釉色になっています。
葉脈のような模様が彫ってあり、彫り紋様を得意とした耀州窯らしい品です。


An incense holder made of celadon from Yaozhou wear.
It has the shape of a leaf of a lotus and has a hole in the center for stand up incense sticks.
It is possible that the aristocrats used it mainly.

Yaozhou Kiln is a celadon kiln that represents North China in Huangbu Town, Tongchuan City, Shaanxi Province, China.
It has been baked with a slight oxidative flame, which is why it has an olive green glaze.
The Yaozhou kiln is characterized by a carved pattern like leaf veins.

名称 耀州窯 青磁蓮形線香立て
ようしゅうよう せいじはすがたせんこうたて
時代 中国・宋時代(960〜1279年)
中国
地域・窯 耀州窯
寸法 高2.7cm、幅14.5cm
分類 陶磁器
釉薬 青磁釉
所有者 WD Collection
管理番号 000048
Title Yaozhou wear Incense stick stand with leaf
Period Song dynasty (960–1279)
Culture China
Area/Kiln Yaozhou wear
Dimensions H. 1 1/16 in. ; Diam. 5 11/16 in.
Classification Ceramics
Glaze Celadon
owner WD Collection
 Number 000048

関連コラム

哥窯の歴史や特徴について詳しくはこちらのページがおすすめです


TOP
HOME CONTACT Instagram SHOP