【2023年11月】所蔵陶磁器一覧ページの更新

当オンライン美術館にて所蔵をしている陶磁器の一覧ページを更新いたしました。下記よりご覧いただけます。

今回は李氏朝鮮時代の提灯壺や粉青沙器の大型の壺や瓶を中心に揃えました。
しばらく掲載をしていない汝窯青磁の数点と、小型ながら価値の高い珍しい陶磁器も掲載予定です。

日本物としては鍋島焼のなかで有名である「藍鍋島楼閣山水文方形皿」も公開させていただきます。
順次公開していきますのでお待ちくださいませ。

陶磁器の管理番号順に並べ、それぞれに名称、国、時代、地域・窯、釉薬、形状を記載し一覧として見やすくしております。
それぞれの陶磁器につきましては、名称をクリックしていたくことで詳細のギャラリーをご覧いただくことも可能です。
是非活用いただき、観覧にお役立てください。

最近の記事
おすすめ記事
  1. 茶入とは|形状の種類と名称、歴史について解説

  2. 唐津焼(からつやき)とは|古唐津・古武雄などの種類、歴史や特徴を解説

  3. 古陶磁の伝世品と発掘品の違いや見分け方について解説

  4. 骨董品の陶磁器の保管方法を解説|避けるべき要素と理由、専門用品についてもご説明

  5. 鍋島焼(なべしまやき)とは|佐賀藩の御用窯で生まれた磁器の歴史や特徴を解説

  6. 粉青沙器(ふんせいさき)とは|李氏朝鮮時代前半を代表する陶磁器の特徴と歴史

  1. 骨董品の陶磁器の保管方法を解説|避けるべき要素と理由、専門用品についてもご説明

  2. 古陶磁器の瓶の形や種類、名称一覧|骨董品探しに役立つ検索の仕方

  3. 天目茶碗が見れる全国の美術館と種類のまとめ一覧

  4. 九谷焼(くたにやき)とは|古九谷様式と再興九谷の違いや歴史、特徴を解説

  5. 大阪府で陶磁器が見れる美術館と美術品のまとめ一覧

  6. 東京都で陶磁器が見れる美術館と美術品のまとめ一覧

TOP
HOME CONTACT Instagram SHOP